« 新潟下町(しもまち)をあるく~金刀比羅神社~(5) | トップページ | 新潟下町(しもまち)をあるく~開運稲荷神社~(7) »

2013年3月18日 (月)

新潟下町(しもまち)をあるく~願随寺~(6)

   金刀比羅神社前の狭い小路から横七番町通りの広い通りへ出ると、道を隔て門前奥に願随寺が見えてきます。

Photo

このお寺は真宗大谷派の寺で、新潟県三島郡北村(現長岡市)あったものです。
   1733(享保18年)新潟市砂山に移転を許され、1841(寛保元年)長岡藩主より、願随寺受地として3,980坪与えられました。
1859(安政5年)新潟開港にあたり、外国使節団の接待所となったことで知られています。

   願随寺裏の辺から海岸線の砂丘の縁にあたり次第に登坂になってきます。

Photo_2

※ ジキット号の来港
安政6年(1858)4月22日、最初に新潟沖現れたのは事前連絡のなかったロシア船であった。
ジキット号という軍艦で、函館の領事館で使用するために派遣されていた船であった。…

オランダ船・イギリス船の来港
ロシア船が来航した翌日の4月22日、オランダ船バーリー号が新潟に現れた。…
遅れて10月9日にはイギリス船が新潟に来た。
…乗っていた7人のうち3人が上陸し、願随寺で会談が開かれた…
                      ~新潟歴史双書~

« 新潟下町(しもまち)をあるく~金刀比羅神社~(5) | トップページ | 新潟下町(しもまち)をあるく~開運稲荷神社~(7) »

まち歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166785/56983769

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟下町(しもまち)をあるく~願随寺~(6):

« 新潟下町(しもまち)をあるく~金刀比羅神社~(5) | トップページ | 新潟下町(しもまち)をあるく~開運稲荷神社~(7) »