旅行・地域

2012年10月27日 (土)

菩提寺山登山

  菩提寺山(248,4M)に登ってきました。 10月のある晴れた土曜日、 友達に誘われて新潟市秋葉区にある、菩提寺山に登ってきました。 
低山とは言い久しぶりの山登りです。 

Photo 

 メンバーは10人(女性5、男性5)で、ガイドの方2人の12人です。

10;00新津観光物産館⇒12:00山頂 ⇒13;00菩提寺山下山⇒14:30新津観光物産館の日程でした。
 
見どころは
・白玉の滝(男滝・女滝)
・イヌシデ自然林
・山頂の360度の景色
など低い山ですが、植物の説明もあって、楽しい一日でした

Photo_2

Photo_3

2009年11月 8日 (日)

夕日公園

7日夕方、
小針浜の夕日公園へ行ってみました。
ぽかぽか陽気に誘われてか、
大勢の人たちが出かけていました。
Img_1466 Img_1463

2009年10月23日 (金)

朱鷺メッセ31階展望室のガイド

新潟シティガイドのメンバーが、
この春から毎週土曜日の午後、
朱鷺メッセ31階展望室で
景観ガイドをしています。
おきゃくさまは、
市内の方・県内の方・県外の方など
不特定の方々ですから、
ガイドのタイミング・声の大きさ・時間など、
結構微妙です。
展望室の高さは125メートルということで、
時には飛行中のヘリコプターを、
側面から眺めるというラッキーに出会うこともあります。
Img_1327_2 Img_1329_2 Img_1331_3 Img_1295 Img_1292 Img_1310
 

2009年10月21日 (水)

下町ウォーク

18日(日)午前(8:30~12:00)
小雨の中「下町ウォーク」
というまち歩きイベントにガイドとして参加しました。

今回で15回目となるとのことで、参加者は5~60人でした。

下町の人たちが計画し、市がバックアップしているようで、
市長も出発のとき顔を見せていました。

P1120018 P1120023

私がガイドしたのは4人の方でしたが下町のことは、
あまり知らない人たちでした。

コースは

みなとぴあ ⇒ 石山味噌㈱ ⇒ 浅草観音堂 
⇒ みなと稲荷神社 ⇒ 寄合町金毘羅神社
⇒ 願随時 ⇒ 開運稲荷神社 ⇒ 浄信院
⇒ 日和山 ⇒ 龍照寺 ⇒ 長音寺 
⇒ 小沢邸 ⇒ 下本町市場

の新潟シテイガイドのコースとほぼ同じです。


より大きな地図で 下町にいがたウォーク を表示

やはり「みなと稲荷神社」の回転する「願かけけ高麗犬」、
は珍しさもあってか人気があるようです。

いっしょに歩いて話していると、

気心も分って余裕ができ、結構楽しむこともできました。

2009年9月 2日 (水)

新潟老舗料亭「行刑亭(いきなりや)」の昼食

9月1日(火)
新潟市中央区西大畑町の
老舗料亭「行刑亭(いきなりや)」
を見学し、昼食をいただきました。
事前に申し込みをしていたこともあり、
ご主人から説明をしていただくことができました。
料金はを食事代込み4,500円
で満足度100パーセントでした。
最初は屋外での流しソーメンの試食から始まります。
長い竹を流れるソーメンを割りばしですくって食べる
味はツルツル感で美味しいものです。
「行刑亭(いきなりや)」の歴史は古く、
約300年前の元禄年間の創業とのことです。
黒塗りの板塀に囲まれた広い敷地には、
築山・池・庭園などがあり、閑静な趣があります。
客間や座敷など大小の建物は、
中央の池を取り囲むように配置されていますが、
建物のうち登録文化財が10棟もあり見応えがありました。
「行刑亭」のシンボルは鶴と松ですが建物の所々に、
これが描かれたり、堀込まれたりしており、
老舗ならではの配慮がうかがわれました。
昼食は日本料理のお弁当でしたが、
お献立表により内容がよく判り、
さすが老舗の心遣いが感じられました。
歴史と風格ある建物の中でのお食事は、
素晴らしい体験でした。
Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_8 Photo_9 Photo_10 Photo_11 Photo_12 Photo_13 Photo_14 Photo_15 Photo_16 Photo_17 Photo_18 Photo_19 Photo_20 Photo_21 Photo_22 Photo_23

より大きな地図で 新潟の老舗料亭「行形亭」 を表示

2009年8月28日 (金)

機関紙 「新潟シティがいガイド」第5号発行

8月29日(土)の定例会で配布する
 
「新潟シティがいガイド」第5号
 
がようやくできました。
 
今回の定例会には、今年度の観光ボランティアガイド養成講座
 
の受講を終えた25名の方々も参加することになっているようです。
 
この方々が会員登録されれば、会員数が一気に2倍になります。
 
活動の幅の広がりも期待できそうですが、何よりも即戦力となる、
 
力を身につけて欲しいと思っています。

2009年8月 8日 (土)

巨大な竹かご?(「水と土の芸術祭」作品)

新潟市信濃川沿いの「やすらぎ堤」は、

お気に入りの散歩コースです。

ここに大きな竹かごのようなものが作られました。

これ、実は今市内全域で開催されている。

「水と土の芸術祭」参加作品

とのことです。

好奇心で近づくと、

内部に入れるようになっていました。

そこには不思議な空間が広がっていました。

中国人作家

王文志

という人が作ったものだそうです。

何を表現しようとしているのでしょうか。P1110181 P1110193 P1110183 P1110190 P1110187

2009年8月 1日 (土)

西堀ローサ「まちなか情報ひろば」オープンイベント

今日午後(0:30~2:00)、

新潟市中央区西堀の地下商店街「西堀ローサ」の

「まちなか情報ひろば」オープンイベント

に行ってきました。

店舗の撤退に悩む地下商店街の活性化策として、

市が空きスペースに観光案内所など7施設をオープンさせたもです。

この施設は西堀ローサの北端入口近くに、

「まちなか情報ひろば」という総称で、

・観光名所や文化施設の案内コーナー
・健康や子育て相談に応じる「けんこう広場」
・作曲家の遠藤実さんら新潟ゆかりの人物を紹介する「にいがた宝人館」
・ジャズなどの生演奏ができる「まちなかステージ」
など7施設からなり、地下街を側面から支えようとする施設です。

聞くところによれば設置費用は1億7千万円とか?

オープニングイベントということで、P1110167 P1110128 P1110145 P1110153 P1110155 P1110134 P1110138 P1110169 P1110163

市長をはじめ関係者など大勢が参加していました。

「新潟シティガイド」も1コーナー利用できそうです。

「風の館」坂口安吾記念館

今月半ばに開館した新潟生まれの小説家、

坂口安吾(1906~1953)

の記念館へ行ってきました。

記念館のあるところは、

新潟市中央区西大畑のゆるい坂道に面しています。

長い間使われていない、

旧新潟市長公舎がそのまま活用されています。P1110085_8 P1110102 P1110084 P1110087

門を入ると広い車寄せの先に、

木造平屋建ての和風建物があります。

玄関屋根には、

市長公舎らしく新潟市のシンボルマーク入りの瓦が使われていました。

館内には安吾の原稿・愛用ゴルフ用具・書・写真・遺品などが展示されてい

ほか、年表や作品が紹介されており、安吾ファンでなくても興味深い内容

す。P1110078 P1110080 P1110082

廊下を隔てた広い中庭も緑が映え和ませる空間になっていました。P1110077 P1110090

2009年7月13日 (月)

天地人」ゆかりの地・米沢日帰りの旅

運転手さんの勧めで回ったのが、

米沢市赤崩れにある市指定文化財の

谷地河原堤防(直江石堤)です。P1110049 P1110042 P1110045 P1110041

石積みで1.2kmに及びますが

上杉景勝の重臣

直江兼続

が米沢城下を水害の危険から守るため、

最上川の上流に築堤させたものです。

現在周辺はは河川公園として整備され、

市民の憩いの場になっているようです。

より以前の記事一覧