Amazonウェジェット

  • PR
  • おすすめサイト
  • おすすめの本
  • おすすめ商品
2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ

おすすめの本

日記・コラム・つぶやき

2009年12月20日 (日)

今年度の「新潟シティガイド」

新潟シティガイドが誕生して2年目の年の瀬を迎えています。 

今年は2期生の皆さまも加わり、
会員も会発足当初の倍増の48名となりました。
 

ガイドしたお客さま数も、前年の約2倍の650人を超えています。

市・観光コンベンション協会・その他の団体等との連携による
イベントガイドも数多くあり、順調な運営ができたのではないでしょうか。

  今年度になってからのガイド実績は
4~11月( )は前年度
   (1) まち歩きガイド        651人 (372人)
       ・下町エリア               180人 (102人)
      ・西大畑、西海岸エリア     81人 ( 61人)
      ・白山、医学町エリア       65人 ( 14人)
    ・その他                   325人 (195人)
 (2)その他の外部企画      2,540人 (479人)
   (朱鷺メッセ展望室・花町茶屋・料亭の味と芸妓の舞などです。)
でした。
   

この数字をどう見るか、さまざまな見方があると思いますが、
偽りのない実数です。                                     

   最近の旅行は、「個人スタイルにより重きをおく」、
そんな傾向が強まっているようです。
 

受付電話を2ヶ月間担当した中でもそのことを強く感じました。

今回、機関紙「新潟シティガイド」がようやくできました。

「cityguide211241.pdf」をダウンロード

「cityguide211223.pdf」をダウンロード

2009年1月15日 (木)

新潟は港町か

先日の「新潟港開港140周年記念フォーラム」の際、
コメンテーターの人たちが、口をそろえて
「新潟が港町だという認識がない」
と話していた。

このことは常々感じていたので、
市民の一般的な感覚を率直に話していると感じましたね。

かつて新潟は、信濃川・阿賀野川の2つの大河による舟運
によって栄えた湊町であった。

湊の機能が人々の日頃の生活と密接不可分だった。
新潟は信濃川が海と出会うまち。
河川を通じ、内陸からの物資の集積地であった。
北前船の西回り航路の寄港地や、

年貢米の積み出し港などでもあり栄えていた。

これ湊町。

今はどうなんだ。
                                       
港は対岸に移り、西港となり、その先には東港もある。

だが、港は人々の暮らしとは、かけ離れてしまっている。

港に行こうとすると、立ち入り禁止になっていて、
水辺にも近付けない。

港を肌で感じることはできないね。

これ港のある町。
だから、一般市民は港に親しみを持てないのだと思う。
これ実感ですね。

「新潟港開港140周年記念フォーラム」などと言っているが、
一般市民が盛り上がらないのは、
こんなころにあるように感じているのだが、
どうだろう。

             

2009年1月 7日 (水)

米づくり展(新潟市歴史博物館)

ターちゃん(12才)のお休みも今日が最後です。

退屈そうなので、新潟市歴史博物館へと連れだしました。

越後の米づくりの特別展示されていて、
興味を持ったようです。

沼のような水田で、米を作っていた際の農機具は、
大変興味深いものでした。

P1090250 P1090224 P1090226

明日から小学校最後の学期が始まります。

2009年1月 5日 (月)

書き初め「春の小川」

両親の仕事が始まり、お休み中のターちゃん(12才)が、
わが家で宿題の書き初めをしました。
 
お題は「春の小川」

なかなか満足できず下書き20枚になりました。

P1090239

春よ来い来い。
今日は、寒の入り、寒さはこれから本番です。

2008年12月29日 (月)

年の瀬

吹き荒れた寒風も緩み、年の瀬の作業です。

屋内外の掃除
狭いながらも、散らばった木の葉などを掃き集めてすっきり。

しめ縄(神棚)の取り換え。P1090231_2

床の間の生け花飾り。P1090232_2

少しだけ師走の心境になったのかも…。

2008年12月15日 (月)

来年の手帳、どんなのにする?

コネタマ参加中:

40年以上使っているのが能率手帳です。

でも今年は少し違います。

キャレルA6ウィーク 2005です。

この手帳今までより少し大判です。

記入欄が少し多くなったのはいいのですが、

ポケットが膨らみ結構邪魔になります。

メモ帳の役目も果たしてくれそうですので我慢。

年賀状・年の瀬

年の瀬と年賀状の時期になりました。

今年8月パソコンが故障し、
登録住所録のすべてを失って
しまいました。

今年の年賀状で改めて住所登録し、
完成です。

年賀状は、年1回おつき合いのあった人の、
人となりを思い出させてくれます。

それにしても、喪中欠礼が多いの気づかされます。

両親、家族などを失う世代になったのでしょう。

2008年11月19日 (水)

連続テロ・厚生官僚が危ない

18日、ショッキングな事件が発生しました。

元厚生事務次官の山口剛彦さんと妻の美知子さんが自宅で刺殺され、また元厚生事務次官の吉原健二さんの妻靖子さんが宅配便業者を装った男に自宅で胸を刺されて重傷を負った二つの事件です。

確かに厚生年金・国民年金をめぐる厚労省の不祥事は腹立たしいものです。
今回の事件とこの不祥事は関連があるのでしょうか。

どんな理由があるにせよ人の命を奪う卑劣な行為は絶対に許せない。
                           
警察庁は官僚トップ経験者を狙った前例のない連続テロ事件の疑いもあるとみて、19日、警視庁と埼玉県警察本部の幹部を集めた合同捜査会議を開き、2つの事件の関連について捜査を進めているようですが、警察の総力をあげ憎むべき犯人を捕まえてほしい。

前代未聞のこの事件。
計画的で政治的な意図をもって敢行されたものでしょう

2008年11月 8日 (土)

東芝ルームエアコン部品交換(企業の社会的責任)

昨日、東芝キャリア(株)の人が来宅し、
4年ほど前に取り付けた、
東芝ルームエアコン(RAS-255YDR)の
ファンモーターを交換していきました。

接続部に欠陥があり最悪の場合出火の恐れがあるらしい。

このエアコンは普段使わない部屋にあり、
ほとんど動かしていないのですが安堵しています。

担当者の態度も丁重で、さすが東芝さんです。

リコール問題の対応で、その企業の社会的責任への姿勢がよくわかります。

最近では、パナソニックによる、ファンヒーターのリコールで、
徹底した情報開示、またはマスコミを通じた消費者への訴えかけによる問題解決の姿勢が、企業イメージアップになったと思います。

私も使っているHDD DVDで企業イメージを下げた東芝も、
一つひとつの積み重ねで信頼を回復させてほしいと思います。

最近、一般的に企業の社会的責任(CRS)が希薄だと感じているのは、私だけではないと思いますが、社会情勢の反映でしょうか

2008年5月 1日 (木)

「新潟シティガイド」機関誌郵送

昨日できあがった機関誌「新潟シティガイド」を会員宛に郵送しました。

午前10時、中央区の市民活動支援センターに役員7人が集まり、
機関誌のほか連絡文書などを封書詰め作業をしました。

今回の機関誌はA3の両面カラー印刷です。
この用紙がくせ者で、1枚当たり26円になり、印刷をすべてインクジェットにした場合50枚でインクがなくなります。               

自分で作るとコスト高になり、次号以降は要検討です。

Gap1060001 Gap1060002

陰の声 ぼやき声あり!

より以前の記事一覧